美容&ダイエット

たった1週間であごのたるみを引き締める究極の3つのルール


30歳を過ぎたころから、急に増え始める悩みの一つが“あごのたるみ”。

二重あごとまではいかなくても、「顔が大きく見える」「顔がぼやけた印象になる」「年より老けて見える」など、女性にとっては化粧しても隠しきれない重大な悩みです。

今回は、あごがたるんでしまう原因と、効果的な引き締め方を紹介します。

 

【顔の印象を左右する『たるみあご』とは?】

免許証の更新をしたら、以前より自分の顔が優しくなっているような印象を受けたことはありませんか?また、ウィンドーショッピングをしていて、ガラスに映った自分が、普段より老けていると感じたことは?

 

どちらも原因は”顔のたるみ”なのです。「数年前より優しい顔になったね」などといわれても、素直に喜んではいられません。それは顔全体の皮膚が、たるんできているということの表れなのです。

また、屋外で普段より老けて見えるように、感じることがありますね。これは、部屋の中の明るさ(照度)は日光の数十分の一しかないため、輪郭のたるみやしわが作り出す顔の影がよく見えないためです。

 

テレビや雑誌で、フェイスライン(輪郭)を引き上げるだけで若く見えるという紹介をしていますが、あれは正解です。フェイスラインがハッキリとしていないと、顔全体の印象がぼやけがちになってしまいます。中でも、口からあごにかけてたるみがあると、口角が下がり、より老けた印象を与えてしまいます。

逆にご年配の方でも、フェイスラインがくっきりと出ていると、若々しく見えるものです。

では、たるみあご改善のための3つのルールを見ていきましょう。

【たるみあご改善の究極のルールとは?】

 

難しいことは、一切ないので、ぜひ今日から実践してみてください。

① よく噛んで食べること
よく噛むことによって下あごの咀嚼筋が鍛えられ、たるみの抑制に効果が期待できます。また、噛む回数が増えれば、唾液の量も増えます。唾液には殺菌効果があるので、口臭予防にもなります。

まだまだメリットがあります。口内細菌の増殖も抑えられるため、歯周病予防や口内炎・口角炎の予防にもつながると考えられるのです。

小学生のころ、先生から「牛乳も噛んでから飲みなさい」と言われた経験はありませんか?

当時は、誰もが「何で、飲み物を噛むの?」と思ったはず。しかし、子供たちに唾液をたくさん出させることで、虫歯予防になっていたと考えると非常に納得がいく話です。

 

少々話がずれてしまいましたが、ここであなたの普段の食事を思い返してみてください。忙しさを理由に、早食いをしていませんか?また、テレビを見ながら、スマホをいじりながらの“ながら食い”をしていませんか?

どちらも咀嚼筋を充分に使っておらず、あごの筋肉は衰える一方です。今日からでも、食事に集中し、よく噛んで食べましょう。

 

②スマホ・パソコンを長時間使用しない
近年、若い世代を中心に表情が無くなったと言われています。これは、スマホやパソコンを長時間にわたって使用しているためだと専門家は分析しています。
しかし、なぜあごのたるみとスマホの利用が関係あるのでしょうか?あなたが、スマホやパソコンを使用しているときを思い浮かべてください。下を向いて、なおかつ無表情で使用しているのでは?
長時間、無表情でいると顔の筋肉の老化が早まります。その上、ずっと下を向いているので、重力に引かれる形で顔の皮膚がたるんでしまうのです。

 

スマホ・パソコンを仕事で使われている方も多いでしょうが、せめて1時間に1回はぐっと首を伸ばして上を向いてみてください。その時、息をゆっくり吐きながらあごを上に引っ張られるように首を伸ばすと、筋肉の緊張もほぐれストレッチ効果も高まります。

 

③リンパ・血液の流れが悪い

これは上記「スマホ・パソコンの長時間利用」とも繋がってくるのですが、ある化粧品メーカーで、顔のたるみで悩んでいる人を対象にアンケートを行いました。すると、顔のたるみを気にしている人のうち8割が、首や肩のこりにも悩んでいたのです。これは一体どういうことでしょうか?

 

一般に、首や肩のこりを訴える人は、血行不良やリンパの流れが悪いことが多いのです。元々、体内循環が悪いところに加えて、スマホやパソコンを長時間同じ姿勢で使用することによって、さらに筋肉の硬直や血液/リンパ液循環の悪化を招いてしまう。まさに、血行不良の負のスパイラルです。

 

では、どうすればいいの?というあなたにどこでも気軽にできる簡単なマッサージがこちら↓。

 

① 下あごの骨と耳の下部が交わっているところにくぼみがある。そのくぼみを指で軽く押さえながら、ゆっくり口を開けます。指が沈んでいくのがわかるはずです。口を開けきったら、今度はゆっくり息を吐きながら口を閉じます。これを3~5回繰り返します。

 

② 指の腹を使って、耳の下のくぼみから鎖骨にかけて力を入れずになで下ろします。最後に深呼吸を1回。

 

スポンサードリンク

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?

あなたにも、思い当たる原因があったのではないでしょうか。

 

あごのたるみ改善のルールを、もう一度まとめておきます。

 

①ながら食いをせず、あごを使ってよく噛んで食べる
②スマホ・パソコンを長時間使用するときは、1時間に1回はゆっくりと息を吐きながら、あごを引っ張られるように首を伸ばす
③耳の下のくぼみを押さえながら口の開閉をする→鎖骨に向かってなで下ろす

 

どれもすぐできる簡単なことばかりなはず。

あなたの美しさを取り戻すために、ぜひ、今日から実行してみてください。

 

こちらも読まれています

関連記事

  1. 美容&ダイエット

    ダイエットに美肌効果も!レジスタントプロテインってこんなに凄い

    最近、注目を集めている『レジスタントプロテイン』。TVや健康系雑誌でも…

  2. 美容&ダイエット

    知らないとヤバイ!スキンケアを変える一番いいタイミングは?

    春になると、各化粧品メーカーから、新商品がたくさん発売されます。見た目…

  3. 美容&ダイエット

    目にもエイジングケアは必要?3つの対策でいつまでも輝く瞳

    お肌のエイジングケア。もちろんしっかりやってますよ…

  4. 美容&ダイエット

    猫背を治すストレッチで姿勢正すと下っ腹-5cmくびれ様も降臨した

    こんにちは!あなたは猫背と言われたことはありませんか?「あ、私…

  5. 美容&ダイエット

    誰にも教えたくない!クリスマスまでに痩せる秘密の方法

    おはようございます。クリスマスまでとうとう2週間を切ってしまいまし…

  6. 美容&ダイエット

    寝るだけで痩せられる 簡単、睡眠ダイエットのススメ

    皆さんは、眠るだけてダイエットができてしまう、という夢のような…

  1. 生活

    スギ花粉2014!今年は少ない?多い?絶対知っておきたい飛散情報
  2. お悩み系

    手荒れの症状と原因を知ろう!乾燥に負けない対策も
  3. 汗 ニオイトラブル

    股擦れでヒリヒリしてニオイもする!良い対処法はないの?
  4. 汗 ニオイトラブル

    女なのに足のにおいが臭いっ重曹で解消できるってホント?
  5. お悩み系

    身体のゆがみで太るかも-肩こり頭痛の症状もこれが原因だった?
PAGE TOP