女性の美とライフスタイルを応援するサイト

顔汗を女性がかかない方法はあるの?予防法が知りたい

女性にとっては本当に深刻な問題である「顔汗」、せっかくのメイクが崩れてしまったり、人の目が気になってしまったり・・・、顔は隠せないパーツだけに悩みも深刻ですよね。
今回は、顔汗をかいてしまう原因毎にその予防方法をご紹介させていただきます!

スポンサードリンク

困った顔汗・・・原因を知って正しく予防しましょう!

一言で「顔汗」と言っても、その原因は一つではありません。
「顔汗」の原因の中でも、特に大きな原因になってしまうのは以下の二つです。

 

①精神状態

緊張してしまったり、気持ちが昂ったりしてした時に、顔にイヤな汗をかく事ってありませんか?いわゆる「冷や汗」と言うものですが、これって不思議と身体ではなく顔だけに汗をかくんですよね。
しかも、止めたい!何とかしたい!と焦れば焦るほど、汗が出てきて困ってしまいますよね。それもそのはず、こういう時の顔汗って、精神的な高ぶりが交感神経を刺激することで分泌されるんです。

 

②生活習慣

日頃、アナタは顔汗以外の汗をかいていますか?汗と言うのは、体温調節をするために身体が行っている必要不可欠なモノなんです。でも、運動不足や、冷房の効き過ぎた部屋に長時間いたりすると、身体は汗をかきにくくなり、汗腺が休眠状態になってしまいます。しかし、身体に比べて顔は常に動きが活発なパーツなので、顔の汗腺だけがアクティブになり、結局一点集中する形で汗をかいてしまうんです。

 

顔汗の予防策ってあるの?!

オススメの予防策を三つご紹介しますね。

201607-2①気持ちを落ち着ける

緊張したり、気持ちが高まると、交感神経が刺激されその結果汗が汗は分泌されてしまいます。なので、緊張しそう!気持ちがざわついてきた!と思ったら、少しでも気持ちを落ち着けるようにしましょう。これは大きな予防になるので、ゆっくり深呼吸を繰り返ししてみてください!

 

②汗をかく習慣をつける

日頃から適度に汗をかくようする、これもとても大切です。
冷房をかけすぎない、適度な運動を日常生活に取り入れたり、一日一回は湯舟に使ってちゃんと汗をかかせてあげると顔汗の予防になりますよ。
顔だけじゃなく、身体にも汗をしっかりかかせてあげる事って本当に大切です。

 

③汗止めベルトの使用

「汗止めベルト」と言うものをご存じですか?バストのあたりを圧迫するベルトの事なのですが、これは身体全体の発汗量を変えず(そもそも変える事は出来ないのですが)、バストから下の部分に沢山発汗してもらい、バストから上の発汗量を抑える、と言う仕組みになっています。
実は新しい方法ではなく、舞妓さんや芸者さんは、さらしを巻く事で圧迫して顔汗をかかないようにしているそうなんです。
なので汗止めベルトではなく「さらし」や「紐」でバストから両わきのあたりを圧迫してもOKですよ!

 

④制汗剤の使用

朝メイクをする前に、顔に制汗剤を塗ると言うのも大きな予防になります。万が一塗り忘れた時でも、メイクの上から塗る事も出来るので、バッグに一つ忍ばせておけば安心ですよね!
発汗自体を抑制するものから、毛穴を防いで汗を外に出さないようにするものなど、タイプはいろいろです。
何種類か試してみると一番自分に合うものが見つけられるのではないでしょうか?

私が実際試した制汗剤が【プレミアムデオヴィサージュ】です。医薬部外品なので効果も確かです。

見事に一日中化粧くず売れを防いでくれました。

興味のある方はレビューを載せてあるのでチェックしてください。
【レビュー!プレミアムデオヴィサージュを使ってみました】

 

まとめ

イヤな顔汗、体質だから・・・とあきらめいでくださいね!ご紹介した予防方法を実践して、顔汗の悩みに終止符を打ってくださいね!

スポンサードリンク

 

こちらもよく読まれています

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ