体臭がひどいと気になる女性必見!原因はここにあったのか。


最近、自分の体臭に悩む女性が増えています。汗っかきなわけでもなく、わきがというわけでもない。もちろん加齢臭なんてまだまだ早い。お風呂だって毎日入っているし、食べ物にも気を使っている。なのに、自分から脂っぽい匂いがする。

いったい何が原因なんでしょうか? 

今日から、すぐできる体臭解消策も教えちゃいます!

 

【最近、自分が臭いんです】

夜、一日の疲れを取るためにお風呂に入る。とてもリラックスできて、心地よい時間ですよね。

 

しかし一日着ていたお気に入りの服を脱いだら「あれ?背中の辺りから、お父さんと同じ匂いがするような気がする?」なんてドキッとした経験、ありませんか?

 

もちろん、お父さんが娘の洋服にスリスリしていただけなら良いのですが(良くないか・・)、 

それが自分の身体から出ているとしたら大変な問題です!!実は季節別に気になってくる匂いもあります。

 

まずは体臭にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

 

【こんなにあった!体臭の原因】

 

1、ストレス

過剰なストレスの蓄積はアナタの身体に活性酸素をため込み、加齢臭の元になる『ノネナール』という物質を増やします。若いからといって油断は禁物!慢性的にストレスをため込む生活は『ノネナール』を増加させ中高年特有の“加齢臭”に似た臭いを出します。

 

さらに加齢臭に似た匂いが、自分から発せられていると気付いてしまうと、そのことが新たなるストレスを生み出してしまいます。

 

アナタの身体に緊張状態が続くと、胃腸の働きが低下します。すると、消化不良を起こしたり、汗腺を詰まらせたりと、臭いを強くする原因を増やすことになってしまうのです。

 

そして、ストレス臭い強いストレス強い臭い…と、負のスパイラルにはまり込むことになります。 

 

2、疲れ

疲れがたまると、アナタの内蔵の働きも悪くなります。中でも肝臓は、体内に有害な毒素を無害なものにしてくれる働きがあります。

 

しかし疲れなどにより肝臓の働きが弱くなってしまうと、本来は“尿”として出されるはずの『アンモニア』が体内に残ってしまいます。この『アンモニア』が増えてくると、アナタの毛穴から臭いが出てしまうのです。

 

3、偏った食事

忙しいからと毎日の食事をないがしろにしていませんか?

 

外食中心の生活は肉類などの脂肪が多くなり、野菜が不足しがちです。脂肪分や動物性タンパクの多い食事、高カロリーの食事は先程でてきた『ノネナール』を増加させます。

 

つまり“加齢臭”の元を生み出してしまうのです。電車の中などで若いのに脂っぽい臭いがする人に気付いたことはありませんか?“加齢臭”は別名“メタボ臭”とも呼ばれていて、生活習慣とくに食生活が大きく関係する臭いなのです。

 

ちょっと「ヤバい」と思ったアナタ。なるべく和食をお勧めします。バランスは良いし、よく噛むことでカロリーの摂取も抑えられます。

 

4、良い汗をかいていない

本来、汗はサラサラしていて臭いもしないものです。でも、運動不足や代謝の低下、汗腺のつまりなどが原因でベタベタした汗をかくと、いや〜な臭いが発生します。

 

この臭いの原因は『汗腺(汗がでる所)』が衰えてしまったことだと言われています。普段からあまり汗をかかない生活をしている現代人は『汗腺』が衰えている人が多いと言います。

 

ベタベタした汗や一気にド〜ッと出る汗、汗の粒が大きいアナタは注意しましょう。

ちなみに…

簡単に“わきが”チェックできる方法があるって、知ってましたか?その方法、なんと耳あかでチェックするんです。ご紹介しますね。

 

綿棒で耳あかを取ってみて下さい。ネバネバしていて、溶けたキャラメルのようになっていたら注意。“わきが”予備軍の可能性が。カサカサ・パラパラといった具合に乾燥していれば、問題はありません。 

 

【まとめ】

いかがでしたか?
身体の臭いの原因が思わぬところにあって、驚いた方もいたのでは?簡単にできる予防法と対処法もご紹介していますので、合わせてご覧くださいね。

 

★絶対気づかれたくない!女性も出てる脂臭を予防する対策は? 

ページ上部へ戻る