おうちで作ろう正月の和菓子♪余ったおせちもリメイクできるWレシピを伝授!


今年ももうすぐ終り、新年を迎えますね!

大好きなお正月がやってきます。

私はおせちをつくるのが大好きで12月29日
30日はキッチンから動きません(笑)

特に一番下の段に入る和菓子に力を入れてしまいます。
もちろんケーキも好きですが、どちらかと言うと和菓子派です。

あなたはおせちを作りますか?それともデパートで頼んだり、
ネットで用意しますか?(*^^*)

 

ネットで食材注文できるのって本当に便利ですからね。
しかも、最近は産地が選べて、作っている人の顔が見れて
安全にとても力を入れているところが多いですね。

 

 

簡単美しい!正月和菓子

 

さて、今回はお正月にいただく和菓子についてお話しします!

 

お正月に食べる和菓子は、地方によって種類は様々。
ようかん、生菓子、干菓子などが多いでしょうか。
その年の干支を型どったものもよく見かけますね。

 

もうこの世にカロリーが存在しなければ
全てごちそうになりたいです!!

 

私の住んでいる地域では、「花びら餅」と「梅寒天」を
おせちの一番下に重ねることが多いです。
紅白の縁起良さから来ているのだそうです。

wagashi

 

色もほのかにピンク色で、甘さも控えめなので
とても後味がいいです。

 

今回は「花びら餅」の方のレシピをご紹介します。
我が家の和菓子は時間をかけず簡単に
作れるのですぐに作れちゃいますよ^^

 

花びら餅 レシピ 4個分

(材料)白玉粉100g 砂糖80g 水100g
食紅、片栗粉
適量餡(白あん50gに西京みそ5gをまぜ丸め4等分する)
(*面倒な人は好きな餡こを入れて下さい)

ゴボウは縦半分にして10センチにカットして甘露煮くらい甘く煮る。
(*面倒な人は、好きなフルーツでいいです)

白玉粉、砂糖、水を入れてラップをしてレンジで2分加熱します。
(もちっとするまで様子を見ながら加熱して下さい)

できたら、1/3と2/3に二等分して、1/3の量の餅に食紅を入れます
(ホントに少~しデス!)それぞれを片栗粉を引いたバットの上で
4等分して丸く広げます。

下から、白餅、紅餅、餡こ、ゴボウの順に置いてパタン!

と挟んだらハイ出来上がりです!花びら餅の上に金粉を
添えると、なお正月らしさが出ますよ!

簡単でしょ??^^

 

リメイク!!残ったおせちで創るスイーツ☆

 

osechi

 

おせち料理って、作るときは気合入れて作るけど
3日目になると誰も手をつけない、外食行っちゃう(エヘッ)
なんておウチ多いですよね。

 

そして頑張る人は、冷凍したりするけど家族は
結局だ~れも手を付けず捨てちゃう(-“-)
とてももったいないことだと思いませんか??

 

そこで余ったおせちを美味しくリメイクしちゃいましょう♪

 

まず、意外と残るのは黒豆
クリームチーズ200g温めて砂糖、ヨーグルト、牛乳を
100g(cc)ずつ入れてゼラチン8gを溶かして入れます。
よく混ぜてください。

 

容器の底に余った黒豆を敷いて最初の材料を流して
冷やして固まれば、黒豆レアチーズケーキ完成です。

 

ホームパーティをした時に、外人の女の子たちが
とても喜んでいました!

 

栗きんとんは小さなお子さんがいるご家庭は
あまり残ることがないかもしれませんが、

 

余った餡に生クリームを混ぜると、モンブランの
もとに変身します。

 

伊達巻は、私は豆乳と一緒にミキサーにかけます
(お好み焼きの生地くらいの柔らかさ)

 

次に鏡餅の残りを1センチ角に切りプロセス
チーズも1センチ角にして耐熱皿に餅とチーズを
入れたら上からミキサーにかけた伊達巻を流し
込みオーブンで焼きます。(180度で20分くらい)
アイスを乗せて食べると、とても美味しいですよ♪

 

それから、スイーツではないですが、私は煮物
やかまぼこエビなどは茶碗蒸しかグラタンにします。

 

家族も飽きずに食べてくれますし、無駄がありません。
酸っぱい系以外はけっこうアレンジできちゃうものですよ!
お試しあれ☆

 

まとめ

 

いかがでしたか?
近年は美味しそうな、その地方でしか手に入らない和菓子が、
ネット通販で簡単に購入出来るようになりました。

 

おせち料理だって、自分で作らずに注文する人が
圧倒的に増えてきました。

 

特にネット販売のおせちは毎年売り上げを伸ばしているそうです。

 

なんだか、日本の文化が廃れる気がして
私は少し寂しさも覚えますが、

 

中には自分の足じゃなかなか故郷に帰れない、
高齢の方たちにも入手することができ、

 

遠くに嫁いだ娘にふるさとの味を
食べさせてあげることもできます。

 

届けてもらった人はきっと昔を思い出しながら
優しい気持ちになれることでしょう。

 

だったら、こんなカタチもありなのかなって思います♪

 

今回なんだか、レシピ回になってしまいましたが、
今年は会社によっては冬休みが9日取れる人もいますね!
……いいなぁっっ!!(怒)

 

ぜひあなたもいつものおせち料理を、大変身させて

見てくださいね!

 

 

ページ上部へ戻る