お悩み系

夏だけ頭痛になる人がいるってホント?原因と治し方も教えて


頭痛が起こりやすい季節があるって知っていましたか?

天気が変わりやすい春?
寒くて血流が悪くなる冬?

 

どちらもありそうですが、実は夏なのです。暑さが続き天気も変わりやすい日本の夏は、疲れがたまりやすく、普段は健康でも頭痛に悩まされる人が急増します。

 

頭痛知らずで夏を乗り切るためには、どんな事に注意すれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

頭痛を起こしやすい国、日本!

なぜ、夏に頭痛が起こりやすいの?

私たちが暮らす国、日本。

季節ごとの自然や味覚に恵まれていて、四季の移り変わりをはっきりと肌で感じることができる、世界的にも貴重な国です。

 

ところが!!

この豊かな四季が、日本を頭痛大国にしているのです。一体どういうことなのでしょうか?

 

日本は、春から夏にかけて気温・湿度が上がり、健康な人でも体調を崩してしまう事がよくあります。

 

この“高温”・“多湿”というキーワードが、頭痛を引き起こす大きな要因になっています。

どんなものがあるのか、見ていきましょう。

 

ジメジメした梅雨

  • 梅雨前線や台風などによる気圧の変化
  • 長雨による湿度の高い状態

 

これらが脳の神経への刺激になり、頭痛が起こりやすくなります。特に「片頭痛」持ちの方は要注意

 

脱水症状

高温・多湿の日本の夏は特に脱水症状になりやすく、注意が必要です。脱水症状になると、全身の血流が悪くなり、頭痛が起こります。

 

「片頭痛」の方は、過敏にこういった変化を感じ取ってしまうため、さらに頭痛を起こしやすくなります。

 

強くなる夏の日差し

夏の晴れた日は、まぶしいほどの日差しがさして気持ちがすきっとしますね。

 

ところが、この強い日差しが目を通して脳に刺激を与えて、頭痛を起こすことがあります。

 

やはり、「片頭痛」の方はそうでない人に比べて、頭痛を起こすリスクが高いと言われています。

 

エアコンによる自律神経の乱れ

自宅・職場・電車・車・デパート・コンビニ・スーパー

暑い夏でも、エアコンが普及したおかげで、どこへ出かけても快適に過ごすことができますね。

 

でも、エアコンのきいている場所ときいていない場所を行き来すると、その気温差から自律神経が乱れてしまいます。それを身体はストレスと感じて、頭痛が起こります。

 

身体を冷やしすぎる

夏になると、アイスクリームや冷たい飲み物を口にする機会が増えますよね。

確かに、暑いのを我慢する必要はないのですが、エアコンが普及している現代、身体を外からも内からも冷やしすぎてしまう危険があります。

 

身体の冷え、特に内臓の冷やしすぎは、身体中の血流が悪くなってしまい頭痛の大きな原因に

 

血流が悪いと筋肉の緊張状態が続くため、肩こり・腰痛なども起こりやすくなります。

冷たいものも、ほどほどが良いですね。

 

スポンサードリンク

 

夏の頭痛の対処法と予防法を教えて!

頭痛が起きたらどうすればいいの?

頭痛のタイプによって対処法は分かれるのですが、共通して行ってほしいのは

  • 日なたを避け、静かなところで安静にする
    (横になれればベスト)
  • 少しずつ水分補給をする(常温が良い)
  • 無理に身体を動かさない

この3点です。     

脱水が原因の頭痛なら、これだけで良くなることもあります。

 

それ以外は、これらの応急処置をして、いくら痛みが和らぐのを待ちます。

 

冷えが原因の頭痛は

  • しっかり水分補給をする
  • 肩・首などの太い血管が通っている個所を温める
  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
  • 首や肩回しなどの軽いストレッチを行う
    のが良いでしょう。

 

片頭痛持ちの人は

痛みが始まると、身体を動かすこともツラいですよね。

 

夏に起こりやすい頭痛の中でも、気温差や気圧の変化、まぶしい光など外から受ける刺激が原因で起こる頭痛は「片頭痛」の可能性があります。

 

  • 暗くした部屋で横になる
  • コーヒー・紅茶などのカフェインを摂る
  • こめかみやおでこを冷やす

などの処置を行うと、痛みが和らぎます。

 

片頭痛について詳しく知りたい方はコチラ
『片頭痛の原因と自分で出来る有効なセルフケアとは?』
 

 

まとめ 

夏特有の頭痛には、こんな原因がありました。

  • 梅雨・台風など気温・気圧の変化
  • 脱水症状
  • 日差し
  • エアコンによる冷え
  • 温度差による自律神経の乱れ

有効な予防法は?

★屋外に出るときはサングラス・日傘などで日差しを防ぐ
★温度差を少なくするため、カーディガン・ストールなどを着用する
★血行が悪くならないように、冷たいものを控える
★身体を冷やさないように、ネックウォーマー・レッグウォーマーなどを着用する
★水分をしっかりと補給する
★朝食をきちんと食べる

 

ぜひ、これらの予防法を実行してみてください。今年の夏は、きっと頭痛知らずで過ごせるはずです。

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. もう人と話すのも怖くない!口臭解消サプリ売れ筋ランキング
  2. 絶対間に合う!クリスマスまでに痩せる方法_短期間Diet
  3. 痩せる乳酸菌! すっきりフルーツ青汁のダイエット効果
  4. コンブチャ比較ランキング!レビューで1番痩せたのはどれ?

関連記事

  1. お悩み系

    疲れているのに眠れない!もしかして○○不足が原因かも

    疲れているのに、夜眠れないという経験はありませんか? 実は、社会人…

  2. お悩み系

    【水溶性食物繊維】ってなんだ?食べ物変えて便秘改善成功

    季節の変わり目ほど、便秘になりやすいって知っていましたか? 便秘がひど…

  3. お悩み系

    夏バテ対策ができちゃう簡単レシピで食べればすぐ症状改善!

    こんにちは!最近は段々と気温も上がり暑くなってきましたね!そこ…

  4. お悩み系

    免疫力を上げたい人が食べるべき最強の食品はコレ!

    免疫力って何?免疫とは、「疫(病気)を免れる」という意味を持ってお…

  5. お悩み系

    梅雨のだるさ何とかならないの?すぐできる対処法おしえます

    こんにちは!とうとう梅雨本番になりました。 蒸し暑くてジメジメ…

  6. お悩み系

    効果が高い頭痛薬の種類と選び方を薬剤師がお教えします

    今や、患者数3000万人とも言われている、日本の国民病「慢性頭痛」。 …

おすすめ記事

  1. ダイエット

    口コミが気になる…炭酸水ダイエットの正しい方法
  2. ダイエット

    1回でガクッと落ちる!ファスティングダイエットの方法
  3. お悩み系

    この症状、口角炎?口唇ヘルペス?わかりやす~い見分け方
  4. ランキング

    実は知りたかった!?フルーツ青汁腹持ち度比較ランキング!
  5. 下半身太り

    下半身太りダイエットやむくみ解消には食物繊維レシピ
PAGE TOP